更年期障害climacteric disturbance

更年期障害とは

更年期とは、女性ホルモンを分泌する卵巣の働きが衰えて、 女性ホルモンが欠乏した状態で体が安定するまでの時期を指します。

一般的には閉経前後40代半ばから50代半ばまでの約10年間ことを言います。

卵巣ではエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンが徐々に減少し、 そして脳下垂体からは性腺刺激ホルモンが通常より多く分泌されホルモンのバランスが乱れます。

その結果、自律神経の働きや情動まで影響を受け、様々な症状がおこります。 これが更年期障害です。

更年期障害の症状

今まで規則正しく訪れていた月経がだんだん不規則になったり、周期が短くなってきたりした 場合は卵巣のホルモンと下垂体のホルモンの異常の可能性があります。

このころよりのぼせや発汗などの症状があるような場合、更年期障害が疑われます。

しかしながら、のぼせや発汗を来すような疾患もあることからこれらの疾患をきちんと調べておくこと が必要となります。

また、頭痛や肩こり腰痛など漠然とした症状や気分が落ち込むんだり、いらいらするといった精神症状も 更年期に現れることがあります。

更年期障害の治療

更年期障害といっても、個人差が大きく、他の疾患との鑑別が困難なこともしばしばです。

そのため他の診療科に受診しても原因がわからずお悩みの方は多いのではないかと思います。 当科では、まず皆さんの悩みを聞くことからはじめます。

それらを整理し、問題解決の糸口をいっしょに考えていきます。必要ならば漢方やホルモン療法など、 ひとりひとりに合った治療法を探っていきます。

Shiroyama-koen Suzuki Clinic城山公園すずきクリニック

〒327-0845
栃木県佐野市久保町263
TEL 0283-22-0195
FAX 0283-22-3822